着用とお手入れ

当社製品は昼夜連続装用が想定されているため*、デバイスの着用とお手入れについて、いくつかの簡単なガイドラインに従っていただくことが重要となります。

バンドを常に清潔に保ち、肌にやさしい着用方法を検討した、 当社の認定皮膚科医委員会 は、以下のヒントをまとめています。

常に清潔にする

エラストマーバンドについて:

  • 定期的にバンドと手首を洗いましょう。運動後や汗をかいたときには特に。バンドを水でゆすいでから少量の消毒用アルコールで拭きます。ハンドソープ、ボディソープ、食器用洗剤、手の消毒剤、クリーニングワイプ、家庭用洗剤を使用しないでください。バンドの内側に残りかすが入り込んで皮膚に炎症が生じることがあります。再び着用する前に、常にバンドをよく乾かしてください。
  • バンドの下に付いてしまったローションやオイル(日焼け止め、防虫剤、保湿剤など)を取り除くには、中性洗剤または弱酸性の洗顔料で洗浄、よく洗い流してから乾かして使用することをおすすめします。
  • バンド上の洗いにくい所、しみ、盛り上がりは、やわらかめの歯ブラシに水をつけて磨いてください。
  • 明るい色をしたエラストマー素材のアクセサリーバンドなので、色移り防止のため、ダークカラーの衣服に直接触れることが少ないように注意してください。

レザーバンドについて:

  • バンドを研磨しないリントフリーな布で下方へ拭き取ります。必要ならば、布を水に軽く浸して使います。レザーバンドは、防汗、防水ではありません。水に浸すと、色あせその他の損傷を引き起こすことがあります。
  • 乾燥した、摩擦抵抗の少ない、けば立ちのない布で水分を軽く拭き取り、バンドを自然乾燥させます。直射日光、高温、湿った状態にあると、時が経つとともに色あせその他の損傷が引き起こされることがあります。
  • アクセサリーに使用されている素材は、通常の、日常生活におけるアクティビティで着用することを想定しています。負荷の大きいトレーニングや睡眠時の着用は想定しておらず、これを行うと、アクセサリーの外観や品質に悪い影響を与える可能性があります。
  • 色あせや損傷を最小限に抑えるには、湿気、香水、虫除け、オイル、ローション、デニムの染料といった物質にさらすのを制限してください。
  • 明るい色をしたレザー素材のアクセサリーバンドなので、色移り防止のため、ダークカラーの衣服に直接触れることが少ないように注意してください。

メタルバンドについて:

  • バンドを研磨しないリントフリーな布で下方へ拭き取ります。必要ならば、布を水に軽く浸して使います。メタルバンドは、防汗、防水ではありません。水に浸すと、さびや色あせその他の損傷を引き起こすことがあります。
  • 推奨された布でバンドを乾かしてください。高温および湿った状態は、損傷を引き起こすことがあります。
  • 色あせや損傷を低減するには、香水、虫除け、オイル、ローションといった物質にさらすのを制限してください。
  • アクセサリーに使用されている素材は、通常の、日常生活におけるアクティビティで着用することを想定しています。負荷の大きいトレーニングや睡眠時の着用を想定しておらず、これを行うと、アクセサリーの外観と品質に悪い影響を与える可能性があります。
  • 色あせや損傷を最小限に抑えるには、湿気を拭き取り、香水、虫除け、オイル、ローション、デニムの染料といった物質にさらすのを制限してください。

ナイロンバンド用:

  • 研磨性がなく糸くずのでない布で、バンドを拭きます。必要に応じて、中性洗剤と水でバンドを洗浄することも可能です。その後、水でよくすすいでください。
  • バンドは空気乾燥してください。直射日光、高温、湿った状態にあると、時が経つとともに色あせその他の損傷が引き起こされることがあります。
  • アクセサリーに使用されている素材は、通常の、日常生活におけるアクティビティで着用することを想定しています。負荷の大きいトレーニングや睡眠時の着用を想定しておらず、これを行うと、アクセサリーの外観と品質に悪い影響を与える可能性があります。
  • 色あせや損傷を最小限に抑えるには、湿気を拭き取り、香水、虫除け、オイル、ローション、デニムの染料といった物質にさらすのを制限してください。

FITBIT FLEX 2 ペンダントアクセサリー用

  • 自動睡眠記録やSmartTrack のような特定の機能は、このアクセサリー使用時に無効になることがあります。クラシックアクセサリーバンドは、高負荷トレーニングや睡眠記録におすすめのアクセサリーです。
  • 睡眠中または高負荷トレーニング中は Flex 2 ペンダントを着用しないでください。着用により、窒息の危険が生じる可能性があります。
  • Flex 2 ペンダントアクセサリーにはマグネットが入っています。マグネットは、ペースメーカー、除細動器、その他の医療装置に干渉する可能性があります。ご使用前に、医師や医療装置のメーカーにお問い合わせのうえ、このアクセサリーのご使用が安全かどうかをご判断ください。アクセサリーが、お使いのペースメーカー、除細動器、その他の医療装置に干渉する可能性がある場合、着用しないでください。

常に乾いた状態で使用する

  • Fitbit デバイスは防水対応ですが、濡れたバンドを長時間着用するのは肌によくありません。
  • エラストマー素材のバンドが汗やシャワーで濡れてしまったら、手首に着用する前に、水洗いしてから完全に乾かしましょう。
  • また、着用する前に手首が濡れていないことを確認してください。
  • Fitbit Flex 2は、水泳時でも着用可能ですが、皮膚に刺激を与えないように、水泳でお使いの後は、クラシック・エラストマーバンドとデバイスを完全に乾燥させ、デバイスに付いた汚れを取り除くことが重要です。非エラストマー素材のアクセサリーは、水中で着用できませんのでご注意ください。

あまりきつくしめないでください。

  • バンドがきつすぎないか確認しましょう。バンドは手首で前後にスライドするように緩めに着用します。
  • Fitbit Charge HR™ 、Fitbit Blaze™、または、Fitbit Surge™ をご使用の場合、エクササイズ中の心拍数測定をより正確にするには、バンドをしっかりと、しかし、きつすぎないように着用し、バンドを手首からより高い方(手首の骨から指 2 - 3 本分上)に着用することをおすすめします。エクササイズ後に、手首につけたバンドを低くし、ゆるめてください。詳細。

時々外して手首を休ませてください

  • 長時間の摩擦や圧力は肌の炎症を引き起こすことがあります。連続装用した後は 1 時間ほど取り外して手首が空気に触れるようにします。

その他のヒント

  • 湿疹、アレルギー、ぜんそくをお持ちの場合、ウェアラブルデバイスにより肌の炎症やアレルギーが引き起こされる可能性が高くなります。
  • 上記の症状の有無に関わらず、手首に赤みや肌の炎症が見られる場合はデバイスを外してください。デバイスを使っていない状態で 2 ~ 3 日経っても症状が改善されない場合、皮膚科医の診察を受けてください。
  • Fitbit バンドを着用したまま 2 時間以上汗を流した場合、肌の炎症を防ぐため、上記の手順でバンドと手首を洗ってください。

*レザー、ナイロン、メタルのアクセサリーバンドを除きます。

科学諮問委員会のご紹介

人々がより健康で活動的な生活を送るのを支援するという当社の公約の一部として、 当社は一流の認定皮膚科医よりなる科学諮問委員会をつくりました。彼らは、 Fitbit の役員と会い、当社の試験プロトコルを精査し、当社の製品が可能な限り最高度の標準を満たすことを保証し、当社がお客様と当社製バンドの着用とお手入れを適切に行う方法についてのコミュニケーションをよりよくするのに役立っています。

ピーター・シャロック博士

ダートマス・ガイゼル医科大学院外科学(皮膚科学)准教授

ピーター・シャロック博士は、11年以上にわたる経歴を持つ、ダートマス・ガイゼル医科大学院の外科学准教授です。米国接触皮膚炎会議(ACDS)の役員を経て、現在はACDS 特別委委員会の委員長として患者の移植金属過敏症反応を評価する臨床勧告の進展に取り組んでいます。アメリカ皮膚科学会会員。

パトリシア・ノリス博士

オレゴン健康科学大学、皮膚科学助教授

ノリス博士は、皮膚病学の助教授で、 15 年以上の経験を積んだ、オレゴン健康科学大学の接触皮膚炎クリニックの部長です。彼女は、また米国接触皮膚炎学会の理事会での理事をも務め、女性皮膚炎学会の会員でもあります。オレゴン皮膚病学会の前会員であり、元理事長であり、米国皮膚病学会のフェローです。