運動中の心拍数

PurePulse™ の正確性を生かすためのベストプラクティス

Fitbit PurePulse™トラッカーは、心拍数を継続的に 24 時間、運動中もそうでないときも、自動測定するリストバンド型の心拍計です。わずらわしい胸ストラップは必要ありません。

すべての心拍モニター技術と同様に、正確性は、生理機能、端末の位置、異なる動きに影響を受けます。運動中に最も正確に心拍を読み取るためには、以下の3つのステップに従ってください。

腕の上の方に巻いてください。

上に行くほど腕の血流量は増えるため、端末を手首のなるべく上に巻くことで、運動中の心拍の信号が改善されます。最初は、手首の骨から指3本分上まで端末をずらして、少しずつ下げた場所で試してみてください。

しっかり固定してください。

運動中のトラッカーのズレが少ないほど、活動中の心拍数の信号を正確に受信し続ける可能性が高まります。ただし、バンドをきつく締め過ぎないようにしないと、血流を阻害し、Fitbit の着用とお手入れのガイドラインに反することになります。

10 秒間、動かさないでください。

手首を曲げたり(腕立て伏せなど)、腕を活発に動かしたり(ダンスなど)する強度の高い運動は、心拍の信号を阻害することがあります。このような運動中に信号が見えなくなった場合には、休憩中に手首を 10 秒間動かさないことで、信号を読み取ることができるようになります。

しかし、しっかり汗をかこうと思っているときには、運動中に心拍を確認することで、自分の運動量を測定し、過剰にならない程度に運動強度を高められるよう、その場で運動調整するために役立ちます。

運動が終わったら、トラッカーを取り外してバンドを乾燥させ、普段の状態に戻すことをお忘れなく。心拍をトラッキングするメリットについて、もっとよく知りたい方は、こちらをお読みください。